歯の再生療法

歯の再生を可能にする環境づくり

これまでは、一度虫歯になってしまえば、もう元通りの歯に直すことはできませんでした。しかし、エナメル質の再生作用を活用することにより、初期虫歯を削ることなく、健康な歯を取り戻す、それがエナメル質再生療法です。

 虫歯の原因とは、一体何なのでしょう?
歯の表層は1〜2oの厚さのエナメル質で覆われています。このエナメル質表面に歯垢(プラーク)が残っていると、細菌は歯垢(プラーク)に含まれる糖を栄養にして、酸 を作り出します。 エナメル質は非常に硬い半面、酸にはとても弱いという性質があります。そのため、エナメル質の表面で酸がつくられると、エナメル質の内部に浸透していき、そこから歯の主な成分であるカルシウム やリン などが、徐々に溶け出してきてしまうのです。このような化学反応 が進むにつれて、エナメル質内部がどんどん溶かされていきます。 そして、ものを噛んだときなどに力が加わるとエナメル質が陥没し、穴が開いて虫歯として認識されるようになるのです。

エナメル質の再生で、歯を「復元、再生」、そして歯に力を与える
その一方で、人の口の中には、虫歯にならないようにするための仕組みがあります。人の唾液中には、カルシウム などを含んだアパタイトという成分が多いため、ミクロン単位で溶けだしたカルシウムは再びエナメル質表面に戻ってきます。私たちの歯の表面では、このような化学反応 が日常的に繰り返されているのです。 つまりエナメル質は唾液により栄養をもらっていると考えても良いかも知れません。

ただ、この復元再生作用には限界があり、虫歯のような大きな穴があいてしまうと、もう自然に修復されることはありません。痛くなってから後悔しても、時すでに遅し……。虫歯の菌が巣食っている部分をドリルで削って詰め物をするという方法が、現在の治療法なのです。歯を削るという治療なしに、溶け出したエナメル質を再生し、健康な歯を取り戻す、それにはやはり早期発見・早期治療がもっとも大切な習慣となります。

 

▲このページのトップに戻る